第三文明社

書籍

国家主義と闘った牧口常三郎

国家主義と闘った牧口常三郎

レグルス文庫236

レグルス文庫

村尾行一

定価:
800円(税別)
ISBN:
978-4-476-01236-1
体裁:
新書判ソフトカバー
ページ数:
192ページ
発刊日:
2002年6月6日
在庫状況:
品切

国家主義と闘い、獄死した創価学会初代会長牧口常三郎の思想と行動を検証する。主な内容「天皇もまた凡夫」「牧口の国家論」「牧口の獄中闘争」その他。


【目次】

序章 U子さんへの手紙 

はじめに 牧口平和論の基礎 

徳育とは 
天皇もまた凡夫 
牧口の「忠君愛国」教育論 
池田大作の教育提言 
牧口の国家論 
日本型軍国主義とは 
牧口の反帝国主義論 
時代的背景 
「歴史の評価」とは 
牧口の先見の明 
弾圧に抗する牧口

第一章 人間同士の空間的連帯-牧口の平和論 

価値論が牧口平和論の原点 
地理教育が平和教育 
「国家のための教育」の否定 
牧口の道徳教育論

第二章 人道的競走-牧口の反帝国主義論 

世は帝国主義の時代 
国際競争の四形式 
人道的競走 
日本軍部の暴走 

第三章 主権在民説一歩前-牧口の国家論 

牧口と立憲君主制 
仁政と忠義の双方向主義 
国民国家論 
牧口が期待する国家の機能

第四章 牧口と天皇制-牧口の国体論 

『國體の本義』 
治安維持法の“成長” 
牧口の獄中闘争 
昭和軍国主義国家との全面対決