第三文明社

書籍

平和への祈り

レグルス文庫246

平和への祈り

長崎・慟哭の記録

レグルス文庫

創価学会青年平和会議編

定価:
800円(税別)
ISBN:
978-4-476-01246-0
体裁:
新書判ソフトカバー
ページ数:
176ページ
発刊日:
2003年8月9日
在庫状況:
在庫あり

ご購入はこちら

1945年8月9日。広島に続いて長崎に原爆が投下された。青白い光が一瞬にして奪った15万人の命。生き残った被爆者がつづった平和を希求する、命の証言集である。



被爆から五八年を迎える年に編まれた本書は、いまなお原爆と闘い続ける語り部たちの命の記録である。それは未来に責任を負う青年世代が編纂に携わった「いかなる歴史の荒波にも消えない不滅の金文字」(内田伯「証言は消えない」より)。



【目次】
生きのこった私たちから反原爆の声を…横井眞由美

脳裏から離れない犠牲者の顔…岡信子

オレンジ色の光ですべてが狂った…久谷ヒサミ

級友が目の前で炎のなかに…宮崎角治

残酷にひき裂かれた平和な家庭…橋本トヨミ

一人、二人と逝く同級生…幸里愛子

三歳にして八人の肉親を失う…江崎タキ子

腸のように赤く燃えた空…高鍋たえ

息子を殺した原爆…三谷シズカ

苛まれながら死んでいった…山田時嗣

戦争にあけ戦争にくれた青春…林保子

“寂しい同窓会”…森本正記

一本の柱のお陰で…的場シメ

人間連帯のスクラムをめざして…梅林二也

原爆は悪魔の化身…中島久美子

亡くなった人のために生き抜こう…田端ツルヱ

わが家の焼け跡には白骨三体…渡辺源吾

まさか落下傘が爆発するとは…渡辺勝之

死の世界を生きて…福山信雄

亡き人に代わり平和への努力を…島田晴美