第三文明社

書籍

ドストエフスキイと日本人(上)

ドストエフスキイと日本人(上)

二葉亭四迷から芥川龍之介まで

レグルス文庫

松本健一

定価:
800円(税別)
ISBN:
978-4-476-01265-1
体裁:
新書判ソフトカバー
ページ数:
214ページ
発刊日:
2007年8月5日
在庫状況:
在庫あり

ご購入はこちら

日本人はなぜドストエフスキイに憑かれるのか。その受容史を介して近代日本の深層に光をあてる。


[もくじ]
まえがき

序章 憑(つ)かれた人びと
  1 「日本的近代」の毒
  2 個人と時代の受容
  3 第六番目の世代

第一章 新しき文学の渇望─明治二十五年前後
  1 二葉亭四迷の悲劇
  2 『浮雲』の変貌と中絶
  3 内田魯庵訳『罪と罰』の変転
  4 魯庵の歩み
  5 魯庵訳『罪と罰』評について
  7 北村透谷とラスコーリニコフ
  8 周辺への波及

第二章 近代の定着と矛盾─明治四十年前後
  1 日露戦争のあとに
  2 『破戒』と『罪と罰』
  3 自然主義文学の陥穽
  4 森田草平と夏目漱石
  5 森鴎外と石川啄木
  6 明治の終焉

第三章 社会と個人の接点─大正期
  1 最初の全集
  2 白樺派から萩原朔太郎へ
  3 芥川龍之介の不安
  4 民衆の登場