第三文明社

書籍

ドストエフスキイと日本人(下)

ドストエフスキイと日本人(下)

小林多喜二から村上春樹まで

レグルス文庫

松本健一

定価:
800円(税別)
ISBN:
978-4-476-01266-8
体裁:
新書判ソフトカバー
ページ数:
208ページ
発刊日:
2008年8月5日
在庫状況:
在庫あり

ご購入はこちら

大正時代から平成まで─。 ドストエフスキイ・ブームに見る日本の精神状況を開示。


[もくじ]
第三章 社会と個人の接点─大正期
  5 葉山嘉樹と小林多喜二
  6 プロレタリア文学運動のなかで

第四章 個我への埋没─昭和九年から十二年
  1 プロレタリア文学運動の終息
  2 小林秀雄の思想的流血
  3 シェストフ論争のあとで
  4 文芸復興のなかの二つの動き
  5 転向のたどりついた道
  6 暗い奈落の底で

第五章 復活と変容─昭和二十年から二十五年
  1 焼跡のなかで
  2 観念の弁証法のゆくすえ
  3 批判的継承と変容の兆し
  4 〈政治と文学論争〉のなかで
  5 戦後文学の終息
  6 ふたりの叛逆者

 原著 あとがき

ドストエフスキイに憑かれる日本人─一九七〇年以降
  1 『ドストエフスキイと日本人』の後に
  2 「革命に憑かれた世代」について
  3 「豊かな」社会とニヒリズム
  4 現代の精神的荒野

付録「毎日出版文化賞」特別賞選評