第三文明社

書籍

蓮と法華経

蓮と法華経

その精神と形成史を語る

松山俊太郎

定価:
1,800円(税別)
ISBN:
978-4-476-03237-6
体裁:
四六判ソフトカバー
ページ数:
230ページ
発刊日:
2000年8月10日
在庫状況:
品切

法華経は、いつも最高の経典といわれながら、なぜかは、それほど明らかにされてこなかった。いま、稀代の蓮の大家が、その秘密に迫る。


[目次]

第一章 蓮の研究と『法華経』をめぐって

第二章 法華精神を探る

第三章 各品の難所を読む
 一、『無量義経』から「序品」へのつながり
 二、「見宝塔品」の宝塔の出現をめぐって
 三、「提婆達多品」の〈竜女成仏〉と〈文殊師利〉
 四、「従地涌出品」で出現した〈地涌の菩薩〉
 五、「如来寿量品」における〈釈尊の寿量〉
 六、『法華経』の特異性
あとがき