第三文明社

書籍

食事で治す心の病

食事で治す心の病

心・脳・栄養――新しい医学の潮流

大沢 博

定価:
1,200円(税別)
ISBN:
978-4-476-03245-1
体裁:
四六判ソフトカバー
ページ数:
216ページ
発刊日:
2003年3月16日
在庫状況:
在庫あり

ご購入はこちら

この書籍には、電子書籍もございます

ストレス・ウツ・痴呆・総合失調症……心の病に食事・栄養が深く関わっていることが明らかになってきた。現代の食事崩壊と薬漬け医療を厳しく批判しつつ、栄養療法をすすめる衝撃の一書。

【おもな内容】
第一章 食生活が人生を左右する
 「栄養と犯罪には深いかかわりがある」「低血糖と栄養欠乏で凶暴になる」「氾濫する砂糖飲料・砂糖菓子の恐怖」――ほか

第二章 ビタミンとミネラルの重要性
 「最大限にいかそうサプリメント」「脂溶性ビタミン」「水溶性ビタミン」

第三章 援助への栄養的アプローチ
 「『食』に無関心な精神医学」「栄養カウンセリング」――ほか

第四章 心・脳・栄養――新しい医学の潮流を
 「医療にある『特有の』閉鎖的体質」「精神医学にこそ必要な臨床栄養学」「薬(医)食同源」と分子整合医学

第五章 精神疾患への栄養療法
 「精神疾患と栄養」「ホッファーの統合失調症研究」――ほか

第六章 統合失調症患者への援助の実際
 「患者自身からの報告」「薬からはなれたいという願い」――ほか

第七章 投薬の前に食事の改善を
 「痴呆と低血糖」「激増する不登校」「日常茶飯事のような暴力多発」