第三文明社

書籍

村上春樹

村上春樹

都市小説から世界文学へ

松本健一

定価:
1,500円(税別)
ISBN:
978-4-476-03303-8
体裁:
四六判ソフトカバー
ページ数:
240ページ
発刊日:
2010年2月1日
在庫状況:
在庫あり

ご購入はこちら

世界で読まれる「ワケ」がある。平成の司馬遼太郎・松本健一が読む「ハルキワールド」

[目次]
1章 『1Q84』から始まる新たな村上文学
    対立する二つの反応
    それでも村上作品への期待は変わらない
    都市小説と世界文学
    『1984年』と『1Q84』
    カルト集団が起こした事件と対峙して

2章 都市小説としての村上春樹
    三島由紀夫と村上春樹
    村上春樹とフィッツジェラルド
    占領下の文学体験
    孤独ゆえに市場価値の共有が始まる
    入口の工夫で読者を村上ワールドの物語世界に誘って
    著者自身の都市小説への違和感

3章 村上春樹を読む─『ノルウェイの森』
    「死」にゆく物語としての『ノルウェイの森』
    「僕」を主人公にしたファンタジー
    あらかじめ失われた者同士として
    オウム信者へつながる都会人のエートス(精神類型)
    人それぞれの歪みを認めること
    死者を抱え込んだ人はどう生きるのか
    新しい人生を始めよう
    はじかれたものが犯す犯罪

4章 「私」をめぐる冒険─『ねじまき鳥クロニクル』
    日本における権威とは母親だった
    人の「つながり」は「愛」だけで得られるか
    アイデンティティーを喪失した人間の物語
    物語を開く扉としてのパソコン
    人はみんな「つなが」っている
    「これは私の事件だ」という冒険
    システムは常に新しいシステムを生む
    他者を理解することで物語を収斂する

5章 世界文学への挑戦─『1Q84』を読み解く
    戦後の時代精神を遡って
    カルト集団に変質してゆく「さきがけ」
    自分は正しいことをしているという確信
    都市小説の形式で書いた世界文学
    オウム真理教の事件が有する世界性
    権力者ははじめは「善」として現れる

おわりに

村上春樹 主要作品一覧
参考文献・資料


[著者紹介]
松本 健一(まつもと けんいち)
1946年、群馬県生まれ。東京大学経済学部卒。近代日本・アジア精神史研究の第一人者として活躍中。2005年、第8回司馬遼太郎賞を受賞。主著に『評伝 北一輝』(全5巻・岩波書店/毎日出版文化賞)、『近代アジア精神史の試み』(岩波現代文庫/アジア・太平洋賞)など。文学論としては『ドストエフスキイと日本人』(上下巻・第三文明社)などがある。