第三文明社

書籍

「少年T」のヒロシマ

「少年T」のヒロシマ

いま伝えたい真実の叫び! Born at Ground Zero ―― Speaking the truth from Hiroshima

田邊雅章

定価:
1,600円(税別)
ISBN:
978-4-476-03313-7
体裁:
A5判ハードカバー
ページ数:
312ページ
発刊日:
2012年7月16日
在庫状況:
在庫あり

ご購入はこちら

この書籍には、電子書籍もございます

CGによる爆心地復元事業に取り組み、作品が国連本部で上映された映像作家が語る――。広島県産業奨励館(現・原爆ドーム)の東隣りに生家があった自らの苛酷な体験と、被爆者の今なお続く「原爆の悲劇」。

【この書籍・電子書籍について】
①紙の書籍は、和英併録。
②電子書籍については、和英併録の底本から、日本語部分のみを収録(英語部分は別途分離して配信中)。
→電子書籍(英語版)はこちら

[目次]
はじめに

第一章 廣島の終焉
 一九四五年夏
 母と永遠の別れ
 悲劇の閃光
 この世の地獄
 父は生きていた
 二匹の蛍
 八月十五日――父の最期

第二章 被爆からいかに生きるか
 占領されたヒロシマ
 戦後「ヒロシマ」の真実
 運命との出会い
 映像ジャーナリストの世界へ
 映像作家への道

第三章 運命を生きる
    ーー廣島復元事業への決意
 海外で知った私の中の「ヒロシマ」
 ピースサインの女子高生
 在りし日の「ふるさと」を探す
 「ヒロシマ」を携え国連本部へ

第四章 広島からのメッセージ
    ~次の世代への伝承~
 私の願う「平和」
 エジプトでの訴え
 静かに届ける平和の心
 被爆から七十年へ――新たなる決意
 ヒロシマとフクシマ
 平和を願う世界の人びとへ――遺言

あとがき
追記
資料写真

[著者紹介]
田邊雅章(たなべ・まさあき)
1937年、広島市出身。日本大学芸術学部映画学科を卒業後、中国新聞社に入社。75年、「ナック映像センター」を設立し、97年からCGを使った爆心地復元事業に着手。2007年『爆心地/総集編』が国連本部で上映され、2015年4月にも核拡散防止条約(NPT)再検討会議開催中の国連本部で最新作が上映された。10年10月、日本政府の「非核特使」として中東(エジプト、クウェート)を訪問。07年に広島市民賞、08年に広島文化賞を受賞。

----------------
Born at Ground Zero
Speaking the truth from Hiroshima

Masaaki Tanabe

A Japanese filmmaker's journey─Masaaki Tanabe's house stood next door to what is now the A-Bomb Dome, a World Heritage Site. When he turned 60, he decided to devote the rest of his life to convey the truth of the A-bomb to a wider public, and his film was shown at UN Headquarters in New York. His cutting-edge digital images and stories recreate the lost community and culture of Hiroshima.

[Contents]
Foreword
Chapter1 The End of Hiroshima
Chapter2 Life after the Bomb
Chapter3 My Destiny─Hypocenter Reconstruction
Chapter4 Passing the Message from Hiroshima to the Next Generation
Epilogue
Postscript
Photos and CG images

[About the Author]
Masaaki Tanabe was born in Hiroshima, Japan in 1937. On graduating from the Department of Cinema in the College of Art of Nihon University, he joined the Chugoku Shimbun, a daily newspaper based in Hiroshima. In 1975, he established a company called “Knack Images Production Center.” In 1997, he launched a project to recreate the hypocenter area using computer graphics. In 2007, he showed his film “Ground Zero—Documents of Hiroshima” at the United Nations Headquarters in New York. In April 2015, he also showed his latest film at UN Headquarters holding the 2015 Review Conference of the Parties to the Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons (NPT) . In October 2010, he visited Egypt and Kuwait as a Japanese government “special communicator for a world without nuclear weapons.” He received the Hiroshima Citizens Award in 2007 and the Hiroshima Culture Prize in 2008.