第三文明社

書籍

安楽死・尊厳死をどうみるか

生と死をめぐる生命倫理3

安楽死・尊厳死をどうみるか

仏教の立場から

創価学会生命倫理研究会, 東洋哲学研究所/共編

定価:
1,500円(税別)
ISBN:
978-4-476-06173-4
体裁:
四六判ソフトカバー
ページ数:
240ページ
発刊日:
2001年6月30日
在庫状況:
品切

「安楽死・尊厳死」の問題が、「人間の尊厳」「生命の尊厳」とは何かを問うている以上、仏教は、その内包する「生命論」「生死論」から、今日的医学の状況に即して、そのあり方を選択するための基盤を提供することができます。(まえがきより)

目次

まえがき
第1章 今日的な「安楽死・尊厳死」問題
第2章 終末期医療の最前線
第3章 「植物状態」とは
第4章 「良き死」へのケア──実際の事例から
第5章 安楽死・尊厳死と仏教
第6章 座談会「安楽死・尊厳死とケアを考える」