第三文明社

書籍

外から見た創価学会

外から見た創価学会

村尾行一

定価:
1,200円(税別)
ISBN:
978-4-476-06191-8
体裁:
四六判ソフトカバー
ページ数:
216ページ
発刊日:
2003年12月8日
在庫状況:
在庫あり

ご購入はこちら

半世紀にわたり創価学会を研究しつづけた著者が、その歴史・思想、そして全世界に広がりゆく運動を解説し、現代に生きる宗教の実像に迫る。

【おもな内容】
●序 章●創価学会との出会い
     婦人部の躍動     
     牧口常三郎の山村調査報告書
     軍国主義政府の弾圧
     阪神・淡路大震災と救援活動
     学会の会合に出ると元気になる――他

●第一章●価値とはイノチなのだ
     「真」は価値ではない――牧口常三郎とマックス・ウェーバー
     利の価値が基礎
     善とは何だ――個人と公共は二而不二――他
     
●第二章●「依正不二」と「人間の連帯」
     「地人相関」――牧口『人生地理学』は世界初の社会生態学
     人間は連帯して生きている――他
   
●第三章●創価学会と平和と対話と寛容の運動体
     戸田城聖の「原水爆禁止宣言」
     国家間の仲の悪い国とこそ――
      池田大作の緊張緩和・友好促進行動
     「日韓」ではなく「韓日」と
     テロ・イラク戦争と創価学会――他

●第四章●創価学会と国家
     国家神道との闘い――思想信教の自由の擁護
     教育基本法改正への疑義申し立て
     創価学会と政治――他

●第五章●創価教育の特色
     教育の目的は学ぶものの幸福
     徳育は知育の一部
     利育こそ知育の基盤
     創価式教育とその成果

●終 章●創価学会と宗門
     役割論からみた出家と在家
     邪宗門

あとがき 理性的な宗教