第三文明社

書籍

日蓮仏法と池田大作の思想

日蓮仏法と池田大作の思想

松岡幹夫

定価:
1,200円(税別)
ISBN:
978-4-476-06213-7
体裁:
四六判ソフトカバー
ページ数:
256ページ
発刊日:
2010年10月30日
在庫状況:
品切

世界192カ国・地域に広がるSGI。そのリーダーである池田大作会長の思想を、日蓮仏法をはじめとする仏教理念・西洋哲学から考察する。

[目次]
はじめに

序 創価教育と池田思想
 創価学会批判のあり方への疑問
 池田思想を研究する視角

I 池田思想の5つの特徴
 1.人間の全体性の復権を目指す
 2.自由自在の主体性を持って生きる
 3.すべてを生かす哲学
 4.人間の無限の可能性を信ずる
 5.智慧に生きる

II 池田思想に対する偏見を正す
 「学問的合理性」と「仏教的合理性」の問題
 日蓮仏教の排他性への批判
 組織主義への批判
 「師弟の道」に対する批判
 「政教一致」批判
 「現世利益」を説く宗教への蔑視
 大乗的人格への戸惑い

III 仏教哲学と池田思想
 「空」の存在肯定性
 「生命」の発見
 池田会長の大我論
 自由自在の主体性に生きるために
 すべてを生かす力
 悪を生かす

IV 現代仏教と池田思想
 「活用の仏教」
 自制の仏教・瞑想の仏教・献身の仏教
 法華経に説く「悟りからの道」
 民衆のための日蓮仏教
 「活用の仏教」の具体的実践例

V 「人間のための宗教」へ
 人間への信仰
 宗教理解の諸類型
 創価学会と宗教多元主義
 自他を生かす人道的競争
 諸宗教の人道的競争
 人間の自立のための宗教
 生活者による生活者のための宗教
 創価学会の宗教間対話の推進
 イデオロギーを超えて人間へ
 池田会長の相手を生かす対話
 日蓮における他宗批判
 「反人間主義」との戦い
 極悪人一闡提にも具わる仏性
 すべてを生かす自由自在の智慧



主な参考文献

索引

[著者略歴]
松岡幹夫(まつおか・みきお)
1962年、長崎県生まれ。創価大学教育学部卒。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。群馬大学非常勤講師を経て、現在、(財)東洋哲学研究所研究員。東日本国際大学客員教授、同大学東洋思想研究所副所長。博士(学術)。著書に、『日蓮仏教の社会思想的展開』(東京大学出版会)、『日蓮正宗の神話』(論創社)、『現代思想としての日蓮』(長崎出版)などがある。