第三文明社

書籍

未来へつなぐ平和のウムイ(思い)――沖縄戦を生き抜いた14人の真実

未来へつなぐ平和のウムイ(思い)――沖縄戦を生き抜いた14人の真実

Okinawa 1944-1945

創価学会沖縄青年部 編

定価:
1,400円(税別)
ISBN:
978-4-476-06230-4
体裁:
四六判ハードカバー
ページ数:
384ページ
発刊日:
2016年9月20日
在庫状況:
在庫あり

ご購入はこちら

戦後70年を超えても、あまり知られることのない沖縄戦の真実とは……。激しい砲弾の嵐のなかを逃げまどった体験、家族を日本兵に射殺された体験、ひめゆり学徒隊の生存者の体験、座間味島や慶留間島での強制集団死の体験、撃沈された対馬丸の話、慰安所で炊事係として働いた体験など、若い世代が当時を体験した女性たち14人を取材し、未来に世界に伝え残していくため、全文英訳つきで刊行した(右開きは日本語、左開きは英文の構成)。




【目次/CONTENTS】

はじめに  砂川大悟・中 由乃
Preface
Daigo Sunagawa/Yoshino Naka

沖縄戦略年表
Chronology of the Battle of Okinawa

砲弾の直撃で失った左腕と青春  徳元文子
I lost my left arm and my youth to a direct hit
Fumiko Tokumoto

壕に瀕死の母を残し、捕虜となる  玉城 信
I gave in, became a prisoner, and left my dying mother in a cave
Nobu Tamashiro

日本兵に命じられるまま外に出た父は爆死  渡久山スミ子
Ordered out of the house by a Japanese soldier, my father obeyed and was killed by a bomb
Sumiko Tokuyama

「泣き声を聞いて育つ木」の下で爆死した親友  大城 梅
My best friend killed by a bomb under“The Tree that Listens to Weeping”
Ume Oshiro

目の前にいた男子学生の首が一瞬で飛んだ  泉川美恵子
A young man I knew got his head blown off in front of my eyes
Mieko Izumikawa

腐乱死体を踏みながら逃げた  前原静子
Running away on decomposing bodies
Shizuko Maehara

強姦されそうになり、川に飛び込む  与那嶺勝枝
Knowing we were about to be raped, my cousin and I dove into a raging river
Katsue Yonamine

わが家のお墓で銃殺された二人の妹  嘉数廣子
My two younger sisters were shot in the family tomb
Hiroko Kakazu

死んだ母親に寄り添い、泣き続ける幼子  梶原玲子
A baby crying desperately by its dead mother
Reiko Kajiwara

「対馬丸」で教え子を死なせた母の苦悩  神山洋子
Mother in agony after her evacuating students are killed when their ship was attacked
Yoko Kamiyama

ひめゆり学徒隊として負傷兵を看護  新川初子
Tended injured soldiers as Himeyuri student nurse
Hatsuko Arakawa

覚悟を決めて集団死の現場へ  田中美江
Went to mass suicide determined to die
Mie Tanaka

慰安所「南風荘」の炊事係になって  兼島キクエ
Cooking for a comfort station
Kikue Kaneshima

集団死で生き残った私  山川久子
I survived mass suicide
Hisako Yamagawa

むすびにかえて  中村武夫
In Closing
Takeo Nakamura