第三文明社

全ての書籍

一念三千とは何か

『摩訶止観』正修止観章

菅野博史 著

第三文明選書

中国・陳隋代の天台智顗(538~597)が説き明かした究極の大法・一念三千。その典拠である『摩訶止観』の該当箇所を現代語訳し、訳注・解説と原文・訓読を付す。レグルス文庫版を、ハードカバーの新装版「第三文明選書」として復刊。

一念三千とは何か
書籍
定価:
1,800円(税別)
ISBN:
978-4-476-18008-4
体裁:
新書判ハードカバー
ページ数:
272ページ
発刊日:
2017年7月20日
在庫状況:
在庫あり




【目次】

はしがき

第1部 解説

第1章 『摩訶止観』と一念三千説
第2章 『法華経』方便品の諸法実相の原義
第3章 日蓮における一念三千説の受容と展開
『摩訶止観』研究のための参考文献

第2部 『摩訶止観』正修止観章 現代語訳

原文

訓読


【著者プロフィール】

菅野博史(かんの・ひろし)

1952年 福島県に生まれる
1976年 東京大学文学部卒業
1984年 東京大学大学院博士課程単位取得退学
1994年 文学博士(東京大学)

創価大学文学部教授、東洋哲学研究所副所長、中国人民大学客員教授。専門は仏教学、中国仏教思想史。

著書・訳書
『法華玄義』上・中・下
『法華文句』I~IV
『現代に生きる法華経』
『法華経の七つの譬喩─初めて学ぶ「法華経」─』(以上、第三文明社)
『法華経入門』(岩波書店)
『南北朝・隋代の中国仏教思想研究』
『法華玄義を読む─天台思想入門』
『法華経─永遠の菩薩道 増補新装版』(以上、大蔵出版)
『中国法華思想の研究』
『法華とは何か─「法華遊意」を読む─』(以上、春秋社)ほか。

同著者