第三文明社

書籍

親と子の心のふれあい

親と子の心のふれあい

灯台ブックス

鈎 治雄

定価:
800円(税別)
ISBN:
978-4-476-02109-7
体裁:
小B6判ソフトカバー
ページ数:
198ページ
発刊日:
1996年4月30日
在庫状況:
在庫あり

ご購入はこちら

「教育は子どもに学ぶことから始まる」との視点に立って、これまでの心理学をふまえながら”親と子の心のふれあい”の大切さを語る話題の本である。

目次

まえがき

第一章 お母さんは名カウンセラー
  1 お母さんのこころ
  2 お母さんは聞き上手
  3 自立への援助
  4 母の慈愛は百人の教師

第二章 子育ては山登り
  1 子育ては山登り
  2 子どものほめ方・叱り方
  3 意欲を育む接し方
  4 日米子育て比較

第三章 親子のふれあい
  1 ふれあいの条件
  2 親子の語らい
  3 親子の絆
  4 心の栄養源

第四章 子どもの心の探索
  1 二つの心
  2 親の観察力
  3 育もう「信頼の心」
  4 「いじめ」への対処

第五章 子どもに学ぶ教育
  1 子どもに学ぶ人間愛
  2 長所の発掘
  3 いたわりの心
  4 子どもは親の姿見

第六章 子育てと父親
  1 父親の心のはたらき
  2 父親に期待するもの
  3 働くお父さんの姿
  4 道具としての父親

第七章 家庭と教育
  1 かくれた教育力
  2 よき家庭の条件
  3 システムとしての家庭
  4 これからの家族

引用・参考文献
あとがき