第三文明社

全ての書籍

検証 人体実験

731部隊・ナチ医学

小俣和一郎

第二次世界大戦下の医学が体験した二大人体実験(石井731部隊とナチ・ドイツ医学)を検証し、新しい医療倫理・生命倫理のあり方を考える。日独関係者実名入り。

検証 人体実験
書籍
定価:
1,600円(税別)
ISBN:
978-4-476-03255-0
体裁:
四六判ハードカバー
ページ数:
248ページ
発刊日:
2003年8月31日
在庫状況:
品切

【おもな内容】
第一章 戦争犯罪史・前史――そこに至るまで
 ・人体実験の起源
 ・国家としての医学――ほか

第二章 何が起こったか・何が行われたか〔1932~45〕
 ・細菌戦争と感染実験
 ・生体の適応限界に関する調査実験
 ・生殖実験
 ・臓器収集
 ・人体実験の組織と予算――ほか

第三章 ニュルンベルク医師裁判〔1946~47〕
 ・「人道に対する罪」
 ・何が裁かれたのか――ほか

第四章 ハバロフスク裁判〔1949〕
 ・東京裁判における731部隊員の免責
 ・ハバロフスク裁判における731部隊――ほか

第五章 関係者の戦後〔1945~〕
 ・731部隊員の戦後と日本の戦後医学
 ・アウシュヴィッツ裁判における被告医師――ほか

第六章 新しい医療倫理の枠組みを求めて
 ・戦後の人体実験
 ・医療倫理における参照点としての731部隊・ナチ医学――ほか