第三文明社

書籍

戦国史 負けない法則

絶対役立つ!

戦国史 負けない法則

三池 純正

定価:
1,200円(税別)
ISBN:
978-4-476-03330-4
体裁:
四六判ソフトカバー
ページ数:
232ページ
発刊日:
2014年6月25日
在庫状況:
在庫あり

ご購入はこちら

不屈の楽観主義で苦難を乗り越えた戦国武将たち!!

[目次]

序章 夢

Ⅰ 若き日の辛酸
 安国寺の秀吉評/松下之綱に拾われた秀吉/惨めさとくやしさ

Ⅱ 命を懸けた殿
 信長への恩返し/守りを攻めに転じる/松下之綱を捜し出し、家臣にした秀吉/老婦人への励まし

Ⅲ 信長天下への夢
 鷹を断った信長/攻める心/苦難と忍耐によってつかんだ栄光


第1章 勝負は40代から

Ⅰ 名将真田幸村の誕生
 青年時代の苦渋の日々/流人 幸村の嘆き/持ち続けた悲願と夢/家族を守らなければならなかった幸村/幸村の意地/名将幸村の誕生


第2章 最後に勝てばいい

Ⅰ 武田信玄の強さ
 家康を恐れさせた信玄/初めての挫折/二度目の大敗/無理な戦いはしない/「勝つ」ことより「負けない」こと/将来を見据えた勝利

[コラム]信玄の肖像画


第3章 負けたままでは終わらない

Ⅰ 敗者からの復活
 秀吉に認められた立花宗茂/浪人となった宗茂/苦衷の5年間/奇跡の復活

Ⅱ 前田利家の誠  
 織田家を追放された利家/主君はただ一人/利家の誠を見続けていた信長/けなげな心に報いた信長


第4章 味方をつくる

Ⅰ 死闘関ヶ原 小早川の心を動かした執念
 危うかった関ヶ原合戦/土壇場での心の変化を勝ち取った家康

Ⅱ 真田幸村の脱出
 難しかった脱出/命懸けで幸村を助けた住民たち


第5章 対話こそ最大の武器

Ⅰ 対話で歴史を変えた真田幸隆        
 真田幸隆に賭けた信玄/一人、城に乗り込んだ幸隆

Ⅱ 対話の勇者 黒田官兵衛
 思慮深き人/誰よりも信長に注目していた官兵衛/小田原城無血開城を託された官兵衛

第6章 リーダーの資格

Ⅰ 家康と秀頼
 持ち場を譲らない家康/一人、泥をかぶろうとした家康/引きこもる秀頼、一人立つ家康/家康、勝利への執念

[コラム]不機嫌な家康

Ⅱ 家臣へのいたわり
 信長からおねへの手紙

Ⅲ 信長 桶狭間合戦の真実
 奇襲戦ではなかった/常識を覆す戦い

Ⅳ 秀吉の励まし
 一老婦人への手紙

Ⅴ 小事を見逃さない
 領民の食卓をも気にかけた伊達政宗

Ⅵ 伊達家の男気
 幸村に心酔した片倉重綱/幸村の子をかくまった伊達家

[コラム]武田信玄の人材論


第7章 発想の転換 ピンチこそ最大のチャンス

Ⅰ 奇跡の勝利 厳島合戦  
 厳しい時が勝利をつくる

Ⅱ 一瞬の勝機に賭けた真田昌幸
 信州上田城の攻防/関ヶ原参戦を阻止した真田

Ⅲ 攻める心の勝利  
 小牧・長久手の合戦 

[コラム]義経の決断

[コラム]上田城の金箔瓦


第8章 勝利への執念 必ず勝つ!

Ⅰ 名将柴田勝家の勇気      
 水の手を切られた勝家/水がめを割った勝家

Ⅱ 勝利への執念 河越夜戦   
 大軍に包囲された河越城/執念から生まれた知恵


第9章 友情

Ⅰ 命を懸けた友情 大谷吉継と石田三成
 大谷吉継をかばった石田三成/関ヶ原での友情

[コラム]関ヶ原合戦の真実

Ⅱ 黒田官兵衛と竹中半兵衛
 二人の知恵者/命懸けの弁明/最後まで友を信じた半兵衛

Ⅲ 千姫の真心   
 千姫の結婚/悲運の少女との出会い/花の心


第10章 忍耐「今に見ろ!」の心

Ⅰ 信玄の初陣  
 父に疎まれた信玄/名将信玄の誕生

Ⅱ 家臣たちの涙
 人質にされた家康/今川家の盾となった家臣たち/徳川家康の誕生

Ⅲ 若き謙信の勇気
 少年の夢/恐怖心を破るのは勇気


終章 誇り

Ⅰ 直江兼続の正義    
 正義の書状/上杉家の誇り

Ⅱ 戦人上杉景勝の意地
 苦戦を強いられた上杉軍

Ⅲ 芳春院まつの決意
 人質となったまつ/芳春院の本心

Ⅳ 直江兼続の妻お船の心
 直江家の信念/上杉家のために生き抜いたお船

[コラム]石ころが語る戦国合戦

主な参考文献


[著者プロフィール]
三池純正(みいけ・よしまさ)
1951年福岡県生まれ。歴史研究家。作家。日本作家クラブ会員。戦国期の歴史の現場を精力的に踏査し、現場の視点で歴史の定説を見直す作業を進めている。著書に『真説・川中島合戦』『敗者から見た関ヶ原』(以上、洋泉社)『義に生きたもう一人の武将石田三成』『真田信繁』(以上、宮帯出版社)など多数。