第三文明社

書籍

晋作語録

増補決定版

晋作語録

一坂太郎

定価:
1,500円(税別)
ISBN:
978-4-476-03340-3
体裁:
四六判ソフトカバー
ページ数:
288ページ
発刊日:
2014年12月7日
在庫状況:
在庫あり

ご購入はこちら

「面白きこともなき世に面白く」──。幕末の動乱期を駆け抜け、わずか27歳でこの世を去った革命児・高杉晋作。彼が残した日記や書簡から、晋作の人間像や思想を伝える言葉「118」を厳選。その人生に迫る。

[もくじ]

はじめに

第1章 松下村塾・江戸で学ぶ
 困ったと言うなかれ
 三本指を突いて、あやまれ
 黒船を見た! ほか32編
       
第2章 上海渡航と奇兵隊結成
 外国行きの内命下る
 手習いをしなさい
 外乱より内乱が怖い ほか28編

第3章 内憂外患の危機
 死してもわすれ申さず
 生死は度外視して働く
 議論統一せず ほか30編

第4章 最後の戦い
 来原の跡を踏ましては
 元就にならえば勝てる
 欲しくてたまらぬ ほか28編

高杉晋作略年譜
参考文献
おわりに


[プロフィール]
一坂太郎(いちさか・たろう)
1966年、兵庫県生まれ。大正大学史学科卒。東行記念館学芸員を務めるが、同館閉館により退職。萩博物館特別学芸員・至誠館大学特任教授・防府天満宮歴史館顧問。著書に『高杉晋作 情熱と挑戦の生涯』(角川ソフィア文庫)、『高杉晋作の手紙』(講談社学術文庫)、『時代を拓いた師弟 吉田松陰の志』(第三文明社)など。講演・テレビ出演も多い。