第三文明社

書籍

真田幸村と大坂の陣

真田幸村と大坂の陣

三池純正

定価:
1,200円(税別)
ISBN:
978-4-476-03345-8
体裁:
四六判ソフトカバー
ページ数:
224ページ
発刊日:
2015年7月19日
在庫状況:
在庫あり

ご購入はこちら

「真田幸村」没後400年。伝説の武将・幸村(真田信繁)の生涯を、歴史的事実を踏まえながらストーリー仕立てで描く。人生のほとんどを幽閉の地で過ごした幸村が、その名を上げたのは、晩年のわずか数カ月の活躍に由来する。それなのに、なぜ幸村は今も人々の心を打つのか──。


はじめに

第1章 関ヶ原

第2章 紀州九度山

第3章 家康と秀頼

第4章 秋霜

第5章 開戦前夜

第6章 大坂入城

第7章 決戦真田丸

第8章 講和

第9章 謀略

第10章 最後の決戦

終 章 幸村よ 永遠に!

主な参考文献


[著者略歴]
三池純正(みいけ・よしまさ)
1951年、福岡県生まれ。歴史研究家、作家。戦国期の歴史の現場を踏査し、現場の視点で歴史の定説を見直す作業を進めている。主な著書に『豊臣家 最後の姫』『敗者から見た関ヶ原合戦』(ともに洋泉社)、『戦国史 負けない法則』(第三文明社)などがある。