第三文明社

書籍

時を超えた詩心の共鳴

創価教育新書 3

時を超えた詩心の共鳴

―ゲーテと池田大作―

創価教育新書

田中亮平 著

定価:
800円(税別)
ISBN:
978-4-476-15003-2
体裁:
新書判ソフトカバー
ページ数:
224ページ
発刊日:
2009年10月29日
在庫状況:
在庫あり

ご購入はこちら

文豪ゲーテに関する創価大学創立者・池田大作創価学会名誉会長の考察を通して、共鳴する両者の詩心と人間主義の哲学に迫る。ゲーテの生涯と作品についても概説した。

[もくじ]
はしがき

第一章 ゲーテの生涯と作品
 少年時代
 天才詩人の登場
 ヴァイマルでの政務とイタリア旅行
 大革命とヴァイマル古典主義
 ナポレオンの時代
 西東詩編以降
 最後の大作

第二章 詩人の魂の出会い
 「読書ノート」とゲーテ
 『私の人物観』のゲーテ論
 『私の人間学』における『ファウスト』論
 「続 若き日の読書』における『ヴェルスター』論
 『世界の文学を語る』におけるゲーテ論
 講演『人間ゲーテを語る』

第三章 ヒューマニズムの復権を目指して
 ゲーテにおける「人間性」
 池田思想とその実践における「人間性」

第四章 「平和」の思想をめぐるゲーテと池田大作
 ゲーテにおける革命、戦争、平和
 池田SGI会長の平和思想―「SGIの日記念提言」を手掛かりに

おわりに

[著者紹介]
田中亮平(たなかりょうへい)
1953年、長崎県生まれ。東京大学文学部卒。東京大学大学院博士課程中退。岡山大学講師、創価女子短期大学助教授を経て創価大学教授。専攻はドイツ文学。著書に『入門ドイツ文法』など。主要論文に「革命との対峙―ゲーテの三つの革命劇を中心に」がある。