第三文明社

書籍

公開問答 10の破折

公開問答 10の破折

破綻した阿部日顕の教学

松岡幹夫

定価:
1,300円(税別)
ISBN:
978-4-476-06215-1
体裁:
四六判ソフトカバー
ページ数:
304ページ
発刊日:
2011年9月26日
在庫状況:
品切

正統教学・仏教思想・学術性の観点から法主絶対論などの邪義をことごとく論破――。20年に及ぶ著者と日顕らとの法論の要旨を公開した勝利宣言の書。(2011年9月26日発売)

[目次]
序文

凡例

<1> 阿部日顕の教学に対する十の学術的批判

はじめに――論争の経過

1 循環論法の誤謬について
2 内証の次元における因分と果分の立て分けについて
3 『三宝抄』の三宝一体義について
4 法主による本尊の開眼と許可について
5 開眼本尊の焼却について
6 大石寺の唯授一人相承の永遠性について
7 金口相承の内容の未公開について
8 十二箇条の法門について
9 日寛の『当家法則文抜書等』について
10 在家僧の認識について

結論




<2> 阿部日顕著『百六箇種脱対見拝述記』の考察
    ―池田大作著『百六箇抄講義』との比較において

1 阿部著『拝述記』の背景
2 教学論争における合理性の問題
3 法義を撹乱する区別主義
4 慈悲なきゆえの愚民思想
5 非学問的な衒学趣味
6 自作自演の教条主義
7 結語―阿部日顕はなぜ〈理〉へと退行するのか



おわりに

究極の「法」と「教え」は何か