第三文明社

書籍

平和をつくる宗教

平和をつくる宗教

日蓮仏法と創価学会

松岡幹夫

定価:
1,300円(税別)
ISBN:
978-4-476-06225-0
体裁:
四六判ソフトカバー
ページ数:
304ページ
発刊日:
2014年3月3日
在庫状況:
在庫あり

ご購入はこちら

この書籍には、電子書籍もございます

日蓮は好戦的だった?  戦前の創価教育学会は反戦運動を行わなかった?  創価学会の平和思想はわかりにくい?  ――こうした批判に対する思想的応答として、仏教思想に基づく「絶対平和主義」の論理を明らかにする画期的論考。<戦争/平和><暴力/非暴力>という二項対立的な思考では捉え切れない、自在な智慧を生かした仏教的平和思想を明らかにする。

[目次]
第1章 日蓮仏法は好戦的にあらず
第2章 日蓮にみる反戦平和の思想と実践
第3章 牧口常三郎の戦争観とその実践的展開
第4章 戸田城聖の「見えない反戦」
第5章 池田大作の平和アプローチ
第6章 創価学会の平和主義とは何か

[著者略歴]
松岡幹夫(まつおか・みきお)
1962年、長崎県生まれ。創価大学教育学部卒。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。東日本国際大学東洋思想研究所所長。同研究所教授。公益財団法人東洋哲学研究所研究員。著書に『日蓮仏教の社会思想的展開』(東京大学出版会)、『京都学派とエコロジー』(論創社)、『日蓮仏法と池田大作の思想』(第三文明社)などがある。